聖書通読(時々ぴかちゃこ)        日記


by picachacomama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
エレミヤ書36章3節
ユダの家は、わたしが彼らに下そうと思っているすべてのわざわいを聞いて、
それぞれ悪の道から立ち返るかもしれない。
そうすれば、わたしも、かれらの咎と罪とを赦すことができる。


043.gif主のさばきは、主からのわざわいは、私たちが主に立ち返るため。
私たちを赦そうと、神様は待っているんだよね。
「主があなた方を恋い慕って、あなたがたを選ばれたのは・・・」
という御言葉があるけど、神様は絶対の聖を持ちつつ、
私たちを恋い慕ってくれていることを感じます。
[PR]
# by picachacomama | 2009-04-03 21:27 | 聖書通読
エレミヤ書23章23,24節
わたしは近くにいれば、神なのか。
―主の御告げ―
遠くにいれば神ではないのか。
人が隠れたところに身を隠したら、
わたしは彼を見ることができないのか。
―主の御告げ―
天にも地にも、わたしは満ちているではないか。
―主の御告げ―

[PR]
# by picachacomama | 2009-04-02 21:19 | 聖書通読
エレミヤ書12章3節
主よ。あなたは私を知り、私を見ておられ、
あなたへの私の心をためされます。

エレミヤ書17章7節
主に信頼し、主を頼みとする者に、
祝福があるように。


009.gif神様、あなたが与えられる試練に
主への信頼の心をもって、いつでも合格することができますように。
[PR]
# by picachacomama | 2009-04-01 19:55 | 聖書通読
エレミヤ書3章9,10節
彼女は、自分の淫行を軽く見て、国をけがし、石や木と姦通した。
このようなことをしながら、裏切る女、妹のユダは、心をつくしてわたしに帰らず、
ただ偽っていたにすぎなかった。-主の御告げ―


エレミヤ書6章14節
彼らはわたしの民の傷を手軽にいやし、
平安がないのに、
『平安だ、平安だ』と言っている。


009.gif「偽り」という言葉がこの頃とてもとても目につく。
咎を、罪を軽く見るのは偽り。真実(罪の重さ)を見ようとしない、
真実を受けとめようとしないことは
自分を欺き、神様を欺くこと。自分に嘘をつき、神様に嘘をつくこと。
傷を手軽にいやすことも、平安がないのに『平安だ』ということも嘘。
前を向いて歩くことは大切だけど、自分の真実の姿―罪ある姿―を
見ること、受け止めることはもっと大切。真実の姿を見てもそこに救いがないのなら、
見ることに意味はないけれど、救いはあるんだもんね。
「自分の罪を言い表すなら神は真実で正しい方ですから、・・・・私たちを
きよめてくださいます」って書いてあるのだから、馬鹿正直に言い表して
きよめてもらえばいいんだよね。
罪を言い表すことは、後ろ向きのことじゃない!
自分の罪深さを無視、軽視するという嘘、呑気な楽観主義は好きじゃない。
[PR]
# by picachacomama | 2009-03-31 19:24
001.gif今日は、一応私のリラックスデイ(休日)ってことで
(なーんて、毎日リラックスデイなんだけど・・・)、
たっぷり時間があったので、たっぷり聖書も読めました。

本日読んだ箇所は有名どころの御言葉がいっぱい!!
あの御言葉どこだっけ~?といつもパラパラ聖書をめくって、やっと見つけたり、見つけられなかったり・・・
何章何節まで暗唱できてたら、かっこいいんだけど、無理だ・・・。
有名御言葉全部ここに書き出しておくのもいいんだけど、それも時間かかりすぎ・・・
やっぱり今日も、今日の私の心に残る厳選?の3つに留めます。

★イザヤ書31章1、3節
ああ。助けを求めてエジプトに下る者たち。彼らは馬に頼り、
多数の戦車と、非常に強い騎兵隊とに依り頼み、
イスラエルの聖なる方に目を向けず、
主を求めない。
・・・・・
エジプト人は人間であって神ではなく、
彼らの馬も、肉であって霊ではない。


イザヤ書49章14、15、16節
しかし、シオンは言った・
「主は私を見捨てた。主は私を忘れた」と。
「女が自分の乳飲み子を忘れようか。
自分の胎の子をあわれまないだろうか。
たとい、女たちが忘れても、
このわたしはあなたを忘れない。
見よ。わたしは手のひらにあなたを刻んだ。
あなたの城壁は、いつもわたしの前にある。


イザヤ書59章12,13,20節
それは、私たちがあなたの御前で多くの背きの罪を犯し、
私たちの罪が、私たちに不利な証言をするからです。
私たちのそむきの罪は、私たちとともにあり、
私たちは自分の咎を知っている。
わたしたちは、そむいて、主を否み、
私たちの神に従うことをやめ、
しいたげと反逆を語り、
心に偽りの言葉を抱いて、つぶやいている。
・・・・・
「しかし、シオンには贖い主としてくる。ヤコブの中の
そむきの罪を悔い改める者のところに来る。」
―主の御告げ―

[PR]
# by picachacomama | 2009-03-30 17:22 | 聖書通読